Fireworksで書き出し時に「_notes」フォルダが生成されない方法

公開日: : Fireworks

20131111

Fireworksでパーツなどを制作し最終的にスライスをして画像をWEB用に書き出します。
その時にDreamweaverのローカルフォルダとして定義されたフォルダに書き出しを実行した場合「_notes」フォルダが自動で出来上がります。
このフォルダの中には「.mno」という拡張子のファイルが格納されています。
特にサイトを公開するのに必要ないファイルです。
今回は「_notes」フォルダが生成されない方法をご紹介します。

ちなみに「_notes」ですがDreamweaverで画像を選択するとFireworksが開き編集することが簡単にできるものです。

00

01

■設定方法

「_notes」の設定ですがFireworksで設定するのではなくDreamweaverで行います。
手順はDreamweaver「サイト」→「サイト定義」→「編集」→「詳細設定タブ」→「デザインノートタブ」まで進みます。
その中で「デザインノートの保持」の項目がありチェックが入っているのでそのチェックを外します。

03
「サイト」→「サイト定義」

04
「編集」

05
「詳細設定タブ」→「デザインノートタブ」

06
デザインノートを削除しますか?とアナウンスれます。
「はい」を選択してください。

07
最後に保存を選択するとします。
これで書き出し時に「_notes」フォルダが生成されることもありません。

■生成されてしまった「_notes」フォルダの削除方法

手動でも削除できますが
「詳細設定タブ」→「デザインノートタブ」の「デザインノートのクリーンアップ」をクリックすると削除されます。
08

この設定は別のサイトを制作する度にサイトの定義で行います。

関連記事

aaa

Fireworksで表組みを簡単に制作する方法

Fireworksで作業をしているとテーブルなどの表組を制作するのが意外と面倒な作業になりま

記事を読む

0001

Fireworksのスライスレイヤーを自動で連番にしてくれる拡張機能

Fireworksで作業をしているとWEB用に画像をスライスする時にファイル名を連番を付ける

記事を読む

01

Fireworksのスライスレイヤー名を簡単に変更する方法

Fireworksで作業をしているとWEB用に画像をスライスする時にファイル名を付けるのです

記事を読む

00

Fireworksでファビコン(icoファイル)が制作できるプラグイン(CS5 Windows 7 の場合)

ファビコンを作るのにPhotoshopのプラグインかico形式に変換してくれる外部サイトを利

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

01
wordpressプラグインAdvanced Custom Fieldsを使ってカテゴリごとに表示方法を変える方法

Advanced Custom Fieldsは記事投稿にカ

01
カスタムフィールドの設定が簡単にできるプラグインAdvanced Custom Fields

wordpressは基本ブログ構築のCMSなので入力項目が

00
WordPressのマルチサイトでドメインの変更方法(www無しから有りに変更)

通常WordPressでドメインを変更する時は、一般設定で変更

07
フリーで使えるデザインがいいWordPressテーマ

世界中で最も利用されているCMSがWordPressです。

01
HTMLのHead部分を最適化するプラグイン「Head Cleaner」

Head Cleanerは、の中身を整理やCSS・Java

→もっと見る

PAGE TOP ↑